電話回線をネットで安く契約する方法

電話回線を安く契約するならひかり電話

現在自宅に安く固定電話回線を引くのならひかり電話が最安値です。

 

ひかり電話とは光インターネット回線を利用したIP電話のことで、月額料金は500円~/月になっています。

 

電話加入権を購入する必要もなく、初期費用も安いのが特徴です。

 

ひかり電話は光ファイバーインターネットを利用したサービスなので、ネット回線を契約する必要があります。

 

現在だとほとんどの方はネットを使うと思うので、ほぼ問題はないかと思いますが、ネット回線を使わない人は対象外になってしまいます。

 

電話加入権を安く購入したいなら中古の電話加入権

電話加入権は普通に購入すると36000円(非課税)で、かなり高額になっています。

 

ただし中古で購入すれば10000円程度で済むので、ネット回線を使わずNTT加入電話を契約したいという方は中古で電話加入権を購入すれば良いでしょう。

 

現在はネット通販で簡単に購入することができます。購入すると電話加入権の譲渡手続きが行われ、自分のものになります。

 

ちなみに中古と新品は何も違いがなく、電話加入権はただの権利なので、契約に支障はありません。

 

ソフトバンクからも固定電話が販売されているが…

ソフトバンクから電話加入権不要のおとくラインというサービスが販売されています。

 

このサービスは直収電話というサービスで、NTTから電話線を借りてきて、それをソフトバンクの名前で販売しているものです。

 

料金的にNTTの加入電話から約100円~200円程度安いだけであまりお得、というほどではありません。

 

また同様のサービスにKDDIのメタルプラスというサービスがありましたが、ひかり電話の普及に伴い、サービスが終了しました。

 

加入者数的にも頭を打っており、これからもサービスが続くかどうかという不安もあるので、おとくラインはおすすめはしません。

 

安く電話回線を使うならばひかり電話がおすすめ

これから電話回線を引く人ならばひかり電話を使うのが王道でしょう。

 

電話加入権を購入する必要がなく、基本料金も安いのでメリットが大きいです。

 

また通話料金も安く、8.4円/3分(日本国内のNTT加入電話)に固定されているので、通話を多くする人にとってはさらにメリットが増えます。

 

待受け専用で固定電話を設置する人も、固定電話から頻繁に発信する人もひかり電話が現在のベストな選択肢でしょう。

 

参考サイト:通信費節約.net